2016年4月にスタートした電力自由化。
これまで自由化の対象外であった50kW未満の需要家に対しても電力の小売が自由化されました。
電力自由化にはどんなメリットがあるのか逆にデメリットは何なのか見ていきましょう。

電力自由化の一番のメリットは自分のライフスタイルにマッチしたプランを選べることです。
既存の電力会社だけでなく新規参入した電力会社も様々なプランを用意しています。
料金の支払に応じてポイントが貯まるサービスや再生可能エネルギーで発電した電気を購入することが出来る等など様々な電気料金プランが有ります。
消費者が自由に電力会社を選べるということは電力会社は選ばれるために色々と創意工夫しなければいけず、そこには競争が生じます。
消費者にとってメリットと感じるのは何と言っても電気料金が安くなることではないでしょうか?
電力会社同士が競えば必然的に電気料金を下げる会社が必ず出てきます。
そうなれば今までよりも安い料金単価で電気を使用することが出来るというメリットもあるというわけです。

では逆にどんなデメリットが有るのでしょうか?
多くの方が抱いている不安が一つあります。
それは安定的に電力が供給されるのかどうかです。
電力会社によっては経営体質が脆弱であるために十分な発電設備を確保できていない企業もあります。
今後そういった電力会社が増えれば需要に対して供給が追いつかなくなり停電してしまう恐れが考えられます。
海外では電力自由化によって十分な電力を供給できない時期が実際にあった為、このような不安を抱く方が多いです。
どんなサービスにも言えることですが、始まった当初というのは必ず何かしらの欠点や問題点があるものです。
今後、どのような対応されるのか注目していく必要があるでしょう。http://xn--54qur20pwz6a15vx3njza.jp/

電気料金の従量制料金とは一体何なのでしょうか?

日本の一般家庭では電気料金プランは従量制料金に従うものが殆どです。
従量制料金とは使った電気の量によって料金が上がっていく形態のことを言います。
普通物やサービスは購入する量や使用頻度が多くなりほど安くなりますが、従量制料金はその逆で電気を使いほど料金単価が高くなる仕組みなのです。
ですから電気の使用量が少なければ料金は少なくて済むともいえます。

従量制料金は使用電力量×電気料金単価で求めることが出来ます。
例えばひと月に使用した電力が100kWhで電気料金単価が30円なら料金は3000円になります。

電気料金における従量制料金のメリットは家庭の使用状況にあった料金プランを選択することが出来るという点です。
電気料金単価はプランごとに異なり、例えば日中の料金単価は30円だけど夜間はは文の15円で使用することが出来るといったものです。
日中は仕事で電気は殆ど夜にしか使わないという生活を送っている方にとっては上記の料金プランはかなり合っていると言えますよね?
このように従量制料金の電気料金プランは自分の生活スタイルによりマッチしたものを選ぶことが出来るのです。

逆にデメリットは電気を使うほど料金単価が高くなることでしょう。
単価が高くなるわけですから使えば使うほど電気代は高くなってしまいます。
ただ従量制料金は電気の使用量を抑えれば単価は安いですから、その分無駄な消費を控えようと自然に節約志向が身につくというメリットもあります。土地付き太陽光発電について