電気料金の従量制料金とは一体何なのでしょうか?

日本の一般家庭では電気料金プランは従量制料金に従うものが殆どです。
従量制料金とは使った電気の量によって料金が上がっていく形態のことを言います。
普通物やサービスは購入する量や使用頻度が多くなりほど安くなりますが、従量制料金はその逆で電気を使いほど料金単価が高くなる仕組みなのです。
ですから電気の使用量が少なければ料金は少なくて済むともいえます。

従量制料金は使用電力量×電気料金単価で求めることが出来ます。
例えばひと月に使用した電力が100kWhで電気料金単価が30円なら料金は3000円になります。

電気料金における従量制料金のメリットは家庭の使用状況にあった料金プランを選択することが出来るという点です。
電気料金単価はプランごとに異なり、例えば日中の料金単価は30円だけど夜間はは文の15円で使用することが出来るといったものです。
日中は仕事で電気は殆ど夜にしか使わないという生活を送っている方にとっては上記の料金プランはかなり合っていると言えますよね?
このように従量制料金の電気料金プランは自分の生活スタイルによりマッチしたものを選ぶことが出来るのです。

逆にデメリットは電気を使うほど料金単価が高くなることでしょう。
単価が高くなるわけですから使えば使うほど電気代は高くなってしまいます。
ただ従量制料金は電気の使用量を抑えれば単価は安いですから、その分無駄な消費を控えようと自然に節約志向が身につくというメリットもあります。土地付き太陽光発電について